燻製ハック

~燻製の魅力を皆様に~

■燻製ツール

室内で本格的な燻製が出来る!?「燻製鍋」の紹介

室内で本格的な燻製が出来る!?「燻製鍋」の紹介

燻製は中華鍋や一斗缶、ダンボールなどで作る方法が知られていますが、どの方法も煙が多く出るため、室内で気軽に楽しむには難しいところです。
そんな悩みを解決してくれるのが「燻製鍋」です。

・燻製鍋を選ぶポイントをチェック

燻製鍋選びは以下の点に注意です。
・IH用、ガスコンロ用どちらなのかをチェック
・ふたは深い方が好ましい
・ふたと本体がぴったり合っているかどうか、土鍋なら溝があるかどうか
・自分が燻したい食材の量やサイズに合わせて網目の細かさ、網の数を選ぶ
・初心者ならば土鍋を、ある程度知識があり沢山の食材を一度に燻したいなら金属性鍋を選ぶ

※燻製用土鍋

鍋の種類は金属製の鍋よりも土鍋の方が安いものが多く、最初は土鍋をおすすめします。
金属鍋はメンテナンスに手間がかからず、大量に燻製を作ることが出来ますがやはり土鍋よりも全体的にコストが高めです。
どちらも良いところ、悪いところがありますので自分に合った鍋を見極めて購入しましょう。

ささ

※燻製用ステンレス鍋

・煙を逃がさない鍋

室内で燻製を行う場合に問題となるのはやはり煙です。
燻製鍋をせっかく買っても煙が漏れたら意味がありません。
その煙が漏れないか確かめるポイントは「ふたと本体がぴったり合うこと」です。
しかも土鍋の場合は土の性質上ピッタリとは中々難しいです。
しかし土鍋の中にはそれを塞ぐために、本体部分の周りに溝が掘られているものがあります。この溝の部分に水を張って火にかけると煙が外に出るのを防ぐことが出来るのです。

・まとめ

燻製鍋は、少し前まではデザインもそんなに種類があるわけではなかったのですが
最近は色々なデザインの鍋も登場しています。
個人的には燻す過程が見られるガラス蓋の燻製鍋がおすすめです。
沢山の種類の燻製鍋があるのでお気に入りの燻製鍋を見つけましょう。

-■燻製ツール