燻製ハック

~燻製の魅力を皆様に~

■実践編 ■燻製の食材

お手軽で絶品!絶対に美味しい燻製卵の作り方

2016/08/28

燻製料理は数あれど、まず真っ先に思いつくものといえばアレしかないですよね。

そう、クンタマこと 燻 製 卵!!

あのお手軽さと美味しさは燻製料理のNo.1食材と断言できます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

それではみなさんにもお手軽美味しいクンタマを味わって頂くべく、作り方をご紹介しちゃいます!

 

~燻製卵の作り方~

 

①ゆで卵を作ります。茹で具合はトローリ半熟(*´ω`*)

  • お湯が沸騰したら卵の温度が常温なら6分、冷蔵庫から直接であれば7分ほど茹でます。
  • お湯から上げたら氷水で3分程度冷やしましょう。
  • 冷やした後は卵全体にヒビを入れてから殻を剥くと簡単に剥がせます( • ̀ω•́ )✧

 

②ゆで卵に下味を付けて味玉にします。

  • 3倍濃縮の昆布つゆを水と1対2の割合で割って漬けつゆをつくりましょう。
  • 漬けつゆにゆで卵を入れたらそのまま冷蔵庫で6時間待機。お酒のおつまみなら12時間でもOK!

IMG_5928

※写真では昆布つゆ150ccを水300ccで割ってます。

 

 

③表面の水分を飛ばします。

  • 表面に水分があると燻煙を必要以上に取り込んで苦味になってしまいます_:(´ω`」∠):_
  • 日陰で風にさらすか、キッチンペーパーで拭くなどして表面の水分を飛ばしましょう。
  • 乾燥具合は卵の表面を触って水気を感じなくなる程度でOKです

 

④燻製鍋でいざ調理!

  • 燻製作りの醍醐味である薫香付けの工程です!卵はどのチップにも合うのでお好きな種類を選んでください。個人的な好みではサクラ>リンゴ>クルミですね(ΦωΦ)
  • チップを鍋底に引いて中火にかけます。白い煙が出てきたら弱火にして蓋をしましょう。
  • 待つこと10分で完成です!短い時間で驚かれるかもしれませんが、十分に薫香をまとうのでご安心を。

IMG_5933

  • 燻製時間を長くすれば薫香の深みは増しますが、同時に水分も抜けていきます。自分にとってベストの時間を探ってみるのもいいかもしれません。

 

 

⑤最後に1手間!

  • 完成したクンタマはもちろんすぐに食べられますが、1時間程度寝かせると香りが落ち着いてさらに美味しくなります( ✧Д✧) キラーン
  • 保存するときは出来るだけ空気に触れないようにすると時間が経っても美味しく食べられます。ラップで包んで冷蔵庫に保存しましょうŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

 

たったこれだけで口に入れると出汁の旨みと薫香が広がり、黄身がトロリと流れ出す…そんな絶品の燻製卵がおうちで食べられちゃいます!

是非是非お試し下さいカモンщ(゚д゚щ)カモーン♪

-■実践編, ■燻製の食材